物件の選び方とは|失敗のないマンション賃貸経営のために知っておきたいこと
模型

失敗のないマンション賃貸経営のために知っておきたいこと

物件の選び方とは

婦人

物件選びが重要となる投資用マンションは、中古マンションの購入がお勧めです。マンションは築10年を経過すると、様々な個所で劣化が見られるようになります。そのため、多くの中古物件が販売されるようになるのです。築10年程度の劣化であれば、簡易的なリフォームを施すことで長く住み続けられます。ランニングコストも最低限の支出で済むので、投資用マンションとして最適な物件と言えるでしょう。人気が高いエリアは多くの入居者が見込めますが、土地価格が高い傾向にあるため、利回りが少ない特徴があります。そのため、エリアを選ぶ際は人気エリアから一駅ほど離れた場所を検討するのが良いでしょう。再開発計画が出ているエリアなどは将来的に人気が高まる可能性があるため、投資用マンションとして狙い目です。
不動産を購入する際に重要となるのが交通環境です。投資用マンションを購入する際は、駅から徒歩10分圏内が理想的だと言われています。また、急行電車の停車駅であれば、物件価値は更に高まるでしょう。単身者向けのワンルームマンションでは、コンビニやファーストフード店が多く立ち並ぶエリアが理想的です。このように地域の傾向に応じて、購入するマンションの間取りを見つめ直すのも良いでしょう。
理想的な条件を全て満たせる物件は、そうそうありません。そのため、折り合いをどこでつけるかという点が、物件選びには求められます。住宅の設備を充実化することで、価値の高い投資用マンションを築き上げるという方法もあります。